妊娠中に大切な栄養素は様々にありますが、近年では特に「葉酸」が知られるようになってきました。水溶性ビタミンの一つである葉酸は、妊娠中の十分な摂取によって、赤ちゃんが先天的な神経系障害を発症してしまう危険性を抑えてくれるというデータが発表されています。厚生労働省によると、1日当たり0.4mgの摂取を推奨しています。この数値は受胎直後からの推奨値ですので、受胎直後から赤ちゃんが健やかに成長するように、妊娠している女性はもちろんですが、今妊娠を希望されている方であっても、積極的に摂取した方が良いでしょう。いまは待望の赤ちゃんを妊娠していますが、半年前までは不妊治療で通院していました。妊活中の友人たちと同様、結婚後3年を前に不安になったんです。タイミングを見計らって努力しても、出来ない時は出来ないのだと感じました。友人知人が妊娠したという話を聞くたびに、このままだったらどうしようと落ち込みました。産婦人科の検査はドキドキしましたが、おかげで何が原因かも判明し、排卵誘発剤が有効というので試してから、三周期目で赤ちゃんを授かることができました。薬も効きましたが、原因がわかってホッとしたおかげもあるでしょう。皆さんご存知のように、胎児は細胞分裂しながら成長します。葉酸はこの細胞分裂に欠かせない栄養素である為、不足しないように注意が必要なのです。葉酸単体での吸収率は低いために、葉酸を含んだ総合サプリの摂取がお勧めです。しかし、不足しがちな栄養素を考慮した時に、葉酸のほかに一体どの成分に注目すればよいのか分からないと、お悩みの方も多いでしょう。簡単な判別方法としては、粉ミルクの成分と照らし合わせて、サプリの成分を調べてみるのが良いですね。葉酸は大変重要な栄養素ですが、熱に弱く水に流れやすいという特徴を持っています。ですので、食べ物から摂取する場合、調理には注意してください。それは、出来るだけ加熱を避けるという事ですね。葉酸摂取を目的とする場合、野菜や果実などの、そのままで食べられる食材を選ぶのもポイントです。とはいえ、加熱調理が避けられない場合には加熱時間を短時間にしてサッと熱を通すくらいの調理にすれば、葉酸も摂れるかと思います。こうした調理がめんどくさい、または自由に食事したい、と考えるならば、サプリによる葉酸摂取が良いでしょう。妊娠しづらい状況を改善するためには、食生活から改めるのも大事でしょう。両親の体の中で精子と卵子ができるわけですし、食生活が乱れていては受精しやすい活発な卵子(精子)というのは、望めません。妊娠前にも、妊娠後にも役立つことですから、栄養バランスの良い食生活を心がけ、体を作る時間を愉しむ「ゆとり」も大切です。今現在、妊娠を考えている、あるいは計画しているといった方や、妊娠初期の女性は日ごろの食事に気を付けていただきたいことはもちろん、それに加えて充分な量の葉酸を摂取するように正式に厚生労働省が推奨しています。なぜかと言うと、必要な量の葉酸を摂取することで、胎児の先天的な障害(神経管閉鎖障害など)の発症リスクを減らしてくれる為です。もちろん、サプリメントで補給するという手もありますが、その時は赤ちゃんのためにも、自然なものを摂りいれたいという方も多いでしょう。ですから化学合成のものや、添加物が入っていない天然由来の葉酸が入ったサプリを選択することが忘れないようにしてください。近年、葉酸の効果への注目が集まっており、多くの産婦人科で妊娠が分かった方には、摂取するように指導されています。産婦人科の方針によっては、妊婦さんに葉酸サプリのサンプルを配っているところもあるそうです。厚生労働省が推奨しているように、妊娠中の葉酸の摂取が大切なことが分かりますね。ですが、妊娠中に葉酸を摂取しなかった方も多いと思います。万が一、サプリによる葉酸の摂取を怠ったと感じている方も、ビタミンB群に属する栄養素である葉酸は、肉類やホウレンソウなどの青菜類に多く含有していることで知られています。なので、普通の食事を摂っていたならば、葉酸の摂取は見込めているのではないでしょうか。近年、妊婦にとって不可欠な栄養素として注目されている葉酸や、妊娠に無くてはならない成分である鉄分は不足しやすいものです。普段の食事で得られる量ではなかなか理想的な摂取量を満たすことは難しいようですので、サプリ等を利用して、不足しがちな栄養素を十分に補給するようにしましょう。最近はこうしたサプリメントの利便性が見直されて、鉄分と葉酸の両方を含有するものも販売されています。サプリの中でもこのようなものをチョイスすれば、負担無く、必要な栄養素を摂取できるのではないでしょうか。

やみ金 相談 石川